浮気に関する考え方


浮気に対する考え方というのは本当に人によって違うということになりますが、一夫一妻制というのが確立されている以上は基本的には夫婦においては許されることではないと私は思っています。浮気をしたり不倫をしたりということで浮気じゃない本気なんだという人がいたりするわけですがだったら別れればいいという話のだけであり、そちらの方の道理を通すということなら基本的にはできないわけではないのですから順序を間違っていると言わざるを得ないです。

快楽のために、浮気をする不倫をするということであれば本気ではないということになるわけですから仕方ないということになることもあるのですが裏切ってるという点においては間違っているというのは確実です。それと性行為が伴っている場合においては、パートナーの方に様々なリスクが出てきてしまうということがあります。性病などがその代表的なものです。

この点がよろしくないと考える部分が私の中には多くあります。また、お互いに夫婦間で生み出した財産というのは必ず共同の財産になるということになるのが夫婦においての鉄則であるわけですが、浮気とか不倫をしてる場合のではどちら側に少なくとも財が流れるということになりますので金銭的な面においてもパートナーに対して不利益が出ているというのは間違いないです。

子供なんかができてしまったらなおのことです。法律的にも夫婦間においての不倫や浮気というのは駄目ですし、道義的にも良くないですし金銭的にも負担あるいは不公正という点において相手に害を与えると言えているのでその点においてよろしくない行為であるとは思っています。しかし、理屈ではない、という人もいるでしょう。そのあたりが色恋沙汰の難しいことであるといえるでしょう。

しかし、そもそも夫婦である以上、色恋沙汰が発生していること事態がよくないことである、ということも間違いない事になりますから、普通は駄目なことであるといえるでしょう。