浮気とか不倫は損が多い

どうして浮気をするのかというのは実は遺伝子的なこともあったりして一概に言えることではないのですが誠実ではないと言う事が一つの原因ではあります。しかし、脳内物質によっても影響されることになりますから、本人の性格が影響していることは間違いないですが抗いきれない脳内ホルモンの影響もあることは理解しておいた方が良いでしょう。さて、浮気ですが多くの文化においてよくないことであるとされています。不倫は文化と言った人がいたわけですが、大抵の道徳という名の生活習慣においてよろしくないこととされています。

しかし現代の法律においては大抵のところは姦通罪というのを認めていないのてす。不倫をしたら損害賠償などをされるではないかと思うかもしれませんがそれはあくまで民法による損害賠償に関する部分であり、刑法ではないということになります。その点がかなり大きな部分になりますから注意しておきましょう。

しかし、社会生活的に言えば、間違いなく信用を失う行為ではあります。自分がトップであればそれほど問題がないということも多いのですが例えば組織に属していてそこまで地位の高い人ではない場合においては不倫や浮気ということで解雇されることもあります。

これについては正当な行為であるのかというのが非常に微妙なところとはあるのですが円満に退社して欲しいなどと言われることは間違いないことでしょう。ですから気持ちの良いことかもしれませんが社会的に見ればものすごく損失の多い行為であるということになりますので基本的にはやらない方が良いと言えるわけです。少なくとも私はそう思っています。ですが、それでもやろうとする人は多いです。

ちなみに不倫とか浮気というのは始めることはともかくとして手仕舞いにすることがかなり難しい行為でもあります。お互い、或は片方が貞操義務を違反しているという間違いない弱みを握られることになるからです。しかも片方は本気と言う事も多いのです。